LOG IN

Internal Architecture

by otsuka752

2019/02/21

内部のアーキテクチャの理解が進んできたおかげで、外部(エンドユーザ)から見える事象だけで内部の特定のコンポーネントの不具合を予想できるようになってきた。そして、5連休前に作った社内チケットが進んでて、自分の予想通りだったことが確認されてウレシイしホッとしてる。で、

・内部にいないと活用できない、内部に閉じた知識であることの残念さ

・内部にいても生ログや実パケット見れない立ち位置の残念さ(権限の話じゃないし、部署変わってまで生ログやパケットは見たくもない)

・外に出たら不要、むしろマイナスかもしれない現時点での内部アーキテクチャに関する知識の残念さ(システムは常に変わり続けるもの)

・内部アーキテクチャを見れるとしても、プロトコルの理解が重要だし必須であることの再認識(理解したとは言ってない)

・外と中をつなぐ立ち位置の気持ち良さと重要さの再確認

...

should be XXXX は、XXXX ってこともある、程度に理解してる。

全員が同じ事をできるように目指す事、は不幸。

【抜粋】できるだけ得意な作業を割り当てるよう工夫すると、それまで毎月数十時間に及んでいた残業時間を大幅に短縮された。

スペイン人「O-HA-YO-」

日本人「ブエノスディオス!」

よくある。

娘(7) にスマフォが無かった頃の話をしていたらトトロで出てきた黒電話の話になってて、あれ、俺、そんなに古い人間だったっけ?って感じになってる。

OTHER SNAPS