LOG IN

rehearsal

by otsuka752

2019/08/23

aws\.initiative\.jp. を以下に設定した。あとでゾーンを削除し、ダブリン方面から乗っ取ってみてもらおうかと思う。

ns-59.awsdns-07\.com.

ns-816.awsdns-38\.net.

ns-1672.awsdns-17\.co\.uk.

ns-1352.awsdns-41\.org.

com と net は行けそうです。すでにゾーンあるので、(削除から乗っとりの間にゾーン作られない限り) 親子同居にはならないですし。

対策というか、乗っ取られないように警告ですかね。出る条件も分からないです。。。 まずは com だけ行こうかと思います。よろしいでしょうか。

06:45 UTC / 15:45 JST に行きま〜っす

失敗w 46分に。

すいません、やり直し。

06:50 UTC / 15:50 JST に!

リハーサルにお付き合いいただきありがとうございました。もうちょい整備しときます!

朝から楽しく遊んでたら、実は大変なことになってた。

今日はたまたまお休みでして、まったりしてます。娘(7) からは、うどん を仕込めと言われてます。

...

DUB (ダブリン空港)行く予定がキャンセルになった。

我が家に遊びに来てくれる方は、どうしてファーストクラスやらビジネスクラスなのか。(そして、床で寝る)

お蕎麦!

(手打ちで)打ってないし、(ダブリンには)売ってない高級品を。

娘(7) と近所の公園に来たら 馬 がいて大興奮。匂いかいでもらったし、触らせてもらった。

johny fox から来た ヘンリー君です。

天気良くて気持ちいい。お友達が来てたここ 1週間は曇り空ばかりだったのに。

...

hijack コマンドの守備範囲を広げるべく作業してる。100% は目指さないけど、適度に広げておく。

広げたけど、どんだけ広がったか見てなかった。いそいそとベッドから抜け出す...

今朝までが 52% で、今日の作業で 74% に。温泉前日に検証環境でラストスパートすれば、99% くらいは網羅できそう。(お金かけたらすぐに 100% いける。)

やっつけスクリプトが肥大化してて、作り直したい欲求と戦ってる。(当日動くだけで良いって分かってるんだが...)

$ dns-onsen6 potential (ns-of-R53)

サブコマンドで、行けそうかどうか判定を。ドメイン名には依存しないんです。

Azure さんやら GCP さんやらの API くらいは見ておきたい。時代はハイブリッドクラウド!?

ParcelMortel で荷物が近所のロッカーに到着したものの、ロッカーに入らずセンターに持ち帰り。また遠くまで取りに行かねば。めんどい。

2019/08/24

高緯度な北海道ならちょっと近いじゃん!?って思ったけど全然遠かった。

シベリア鉄道(定期投稿)

先日我が家へお泊りしたお友達(お医者さん)は、人体だけでなく鶏の構造も把握されてて、綺麗に取り分けてくれました。マジで感動した。もも肉と胸肉とにきっちり別れた。スーパーで見たことある形になった。

やげん軟骨からの薬研温泉(青森県下北半島)

快晴。ちょいと涼しい。

Parcel Motel で荷物受け取ってきた。遠くてしんどい。

センターの受付は無人で、受付の機械に登録してる電話番号と PIN を入力するとレシートが発行されて、倉庫の中にいるお兄ちゃんが荷物を持ってきてくれる。荷物をレシートと引き換えに受け取って終了。

サバ塩に大根おろしと言う奇跡

この美味しくて安いビール(€2.1)は売り切れ間近。

2019/08/25

RL3000 昨日、高速道路で見かけてその場でググった。カッコイイ。車を丸ごと収容できるのか。スゴイ。

Summary of the Amazon EC2 and Amazon EBS Service Event in the Tokyo (AP-NORTHEAST-1) Region

@\arpnetworks さんの VPS は、以前は out-of-band access は踏み台サーバからシリアルコンソールだけだったんだけど、いつからは分からないけど VNC でブラウザからログインできるようになってた。便利、というか楽チン。

フランクフルトに欲しくなってきた。EC2 では出来ないこと、分かりづらいこと、たくさんあるし。

root@arpnetworks:~ # uname -a

FreeBSD xxxx-xxxx.cust.arpnetworks\.com 12.0-RELEASE-p10

FreeBSD 12.0-RELEASE-p10 GENERIC amd64

root@arpnetworks:~ # freebsd-version

12.0-RELEASE-p10

sshd を tcpd 経由にして、hosts.deny に ALL: ALL 書いて、ちょいと安心。そして、VNC 経由のコンソールがあるとめっちゃ楽。

status: NOERROR で ANSWER: 0 のデータは、negative cache に入るのか。

少なくとも bind さんでは、max-cache-ttl ではなく max-ncache-ttl が効く。

最近ずっとずっと考えてた件、問題切り分けの良い方法を思い付いた。エンドユーザ側でもうまくログを取れば、基盤側でもきっちり調べてもらえる(はず)

別件だけど似たような問題も、芋づる式に良い方法が脳に降りてきたので目が覚めた。

さすが俺!と思ったけど、むしろ頭悪くてなかなか思いつかないんじゃなかろうか。

ちょっと理解してることだと脳みその中だけで考え続けられる。たまに手を動かして確認して補正しつつだけど。全く分からないジャンルだと、こうは行かない。

脳みその中だけで課題の切り分けやデバッグが進むの、なかなか良い。手を動かすのとは違った楽しさ。

メモって脳みそのメモリーを free したつもり。寝るます。

OTHER SNAPS